中国進出に必要な市場調査|翻訳のサービスを使って世界に挑戦しよう!
メンズ

翻訳のサービスを使って世界に挑戦しよう!

中国進出に必要な市場調査

2人の女性

広東語と北京語が必要

企業が香港へ進出するメリットは、巨大な中国市場への進出の足がかりにできるからです。その場合に多いのが駐在員事務所を設立するケースです。なぜ駐在員事務所かというと、目的は営業行為ではなく市場調査だからです。駐在員事務所なら法人税の申告や会計監査や現地居住者がいなくても問題ないのです。目的は市場調査なので、通訳を雇う必要があります。香港は広東語ですが、その他に北京語も話せる通訳を探します。例えば香港から近い場所に中国の工業地帯がありますし、中国への進出のための市場調査なら北京語も必要になります。香港は世界の金融都市なので色々な国が駐在員事務所や会社設立をしています。そのため通訳の中には上記の2つの中国語の他にも英語を話せる人もいます。進出目的や業種によっては多言語を話せる通訳を探すことも必要です。

進出の早い段階で人材確保

優秀な通訳を探す場合は、香港へ進出することが決定する前の段階から確保しておく必要があります。香港や中国へ進出する企業はこれまで国内市場を相手にしてきたので、優秀な通訳を確保する手段を持っていないのです。またそのような通訳は他の企業がすでに抑えているので、簡単には見つからないのです。そのためには早い段階から手を打つ必要があるわけです。業種によっても専門知識が必要な場合があります。例えば駐在員事務所ではなく会社設立を目指すのなら、設立に関わる法的な手続きなどに詳しい通訳を雇わねばならないのです。日本国内にも通訳のコーディネーターがありますから、まずは国内で探すようにします。その際に会社の文書などを試しに翻訳させることによって優秀かどうかを判断します。